~演劇を通して親子の対話の機会を設けよう~

青少年の心を育てる会 事業内容

子供の頃に受けた感動というのは、いつまでも心に残っているものです。
そして、お父さんやお母さんと一緒に感動を共有することは、
子供にとって貴重な体験です。
そんな場を一つでも多く作っていく・・・・
それが当会の事業です。

小さな頃からクオリティーの高い舞台に接することで、豊かな情操を育てることが出来ると確信し、
爽やかなもの、美しいもの、そして何よりも親子が一緒に楽しめる、そんな作品を選んで
監修、主催、後援などを行なっています。また、公演事業の一貫として福祉招待や寄付なども行なっています。
自然の素晴らしさ偉大さ、命の大切さを訴える美しく、楽しく、爽やかな『ファーブルの昆虫記』
当会が初製作した作品で、10周年記念事業にも取り上げた作品。
雲仙普賢岳支援チャリティ公演
『ピノキオの冒険』の収益金で図書を寄贈
また、心のプレゼントとして雲仙普賢岳慰問公演を島原文化会館にて公演。被災した方々に無料招待した。
阪神淡路大震災慰問公演をした、宇宙へ拡がる母娘の愛『ミラクル』
今となっては死語になっている“親孝行”をあらためて考えさせられる、優しい心が一杯の作品。
家族の絆、それぞれの生き様、
そして愛を綴った『幸せ猫』
青少年の心を育てる会・浜松が発足するキッカケになった作品。
人を思いやる心、子供の頃の純粋な心を想い出して欲しい作品
『不思議の国のアリスのマッチ売り』は、
おとぎ話のキャラクターたちが一堂に会し、おもちゃ箱をひっくり返したような大騒ぎ!
美しい日本語を伝え、読み聞かせを広める
『メルヘンの世界byやなせたかし』
当会理事も勤める“アンパンマン”でお馴染のやなせたかし氏の作品から選りすぐったオムニバス形式の朗読ミュージカル。
3.11を風化させないプロジェクト
やなせたかしのメルヘン絵本より 『松の木の歌』4部作

やなせたかし氏が東北被災地の方々の思いや願いを、ヒョロ松君、カニコちゃん、ボックリ君に託した、感動のショートストーリー!!

[協力 朝日学生新聞社・全労済・やなせスタジオ]

絵・やなせたかし
他多数
次代を担う子供たちに、私たちが今できること・・・
日常に流され考える間もない昨今に、ひととき本気で考える場を提供します。
NPO法人格取得
記念講演・
講師川口幹夫
親子フォーラム・お父さんとお母さんと心のキャッチボールしてますか
永六輔さんを迎えての講演会
各方面からの多彩な講師を迎えて基調講演を元にスクランブルトーク
左から金平正氏、末次一郎氏、伊豆肇氏、稲垣美穂子氏
毎回色々な趣向を凝らし、楽しく集っています。会員ではなくても参加できます。
川口京子コンサート
深町純氏をゲストに
ワインとチーズの
マリアージュを楽しむ
“ときめきの会”
青空親睦会
青少年の心を育てる会
東京支部コーラス部

「次世代に伝えたい歌」をテーマに月2回、活動しています。

講師 宮田タマ恵
バザーやフリーマーケットの主催。子供たちと一緒に朗読を体験。
コーラス部は月に2回集って元気一杯声を出しリフレッシュ。
施設訪問では入所者の皆さんに楽しい歌や踊りで楽しんで頂いています。
フリーマーケット ピアノと朗読の会
小学校の体育館で
“Let’s Try 朗読”
親子でやってみよう 朗読
東京駅構内で行なわれた
コンサートに東京支部コーラス部が参加
ワクワクワーク
(「まんがはじめて物語」上映会)
川口幹夫会長や稲垣美穂子副会長などが、自らの体験をもとに講演します。
依頼があれば全国何処へでも派遣しています。
講師・金平正氏
講師・稲垣美穂子氏
事業の報告や予定など、年に2~3回発送しています。
「やなせたかしのメルヘン便り」